tamian.jpg 管理人だみヲのスキキライと思いつきのみのブログです。 お店じゃありません。ご自由にどうぞ。

※ホームページから引越してきました。ウェブログ支店です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
h.gif
ホラーものが大好きだ。
子供の頃から恐怖漫画を読んで育った。
水木しげるの妖怪図鑑なんぞも持っていた。
ホラー映画も好きだ。

image-horror.jpg


[赤ん坊少女~楳図かずお~]
image-tamami.gif 私と楳図との出会いの作品が「赤んぼう少女」だった。
特に、クマのぬいぐるみの中に入っていてバリッと出てくるシーンが強烈だ。
当時はもうとにかくタマミのインパクトがすごかったのを覚えているが、
大人になってから読み返してみると、あの作品はとても悲しい。
タマミの苦しみや悲しみが痛いほど伝わってくる。
恋心を抱く『高也』が表面は「可愛い赤ちゃんだ」とか言っておきながら
タマミのいないところでは気味悪がってるところや
自分の部屋で鏡台に向かっておめかしをしているシーンなど、胸が痛い。
ラストに硫酸をかぶって死んでいくシーンの、タマミのセリフが忘れられない。
「タマミは悪い子でした…心で思っていてもいつのまにか悪い事ばかりするのです…葉子さんにひどいことばかりしたけど…ばちがあたったのです…わたしがいなくなっても葉子さんが…タマミのかわりに…」
深い・・・ただの恐怖漫画ではない・・・名作だ。
「タマミは悪い子でした…」というのは今でもモノマネしてしまう。



[ねがい~楳図かずお~]
ねがいこれまた悲しくも切ない物語だ。
友達のいなかった少年が、ゴミ捨て場で拾ってきた木の切れ端を使って人形を作る。
少年はその人形に『モクメ』と名づけ、命が宿るようにねがいを懸ける。
そのうち少年には友達ができ、モクメが邪魔になり捨ててしまうが
ある嵐の晩にモクメに命が宿り、少年のところにやってくる・・・
とまあこんな内容だ。
このモクメの顔が恐すぎる。
仮面のような顔・・・歯なんて釘で出来ていて、髪もザンバラでおそろしい。
そして、ネーミングが冴え渡っている。さすが楳図。
帰ってきたモクメに少年は「ずっとモクメと友だちでいるよ!!もう、二度とうそはつかないっ!!」と言いつつも、泣きながらモクメをボコボコにするラストシーン。泣けます。
短編だが楳図作品のなかで1・2を争うぐらいに好きな作品である。
ビーズの「ねがい」を聞くと思い出す。



[妖虫~古賀慎一]
子供の頃、読んで吐いた。
車の中で読んだからか・・・?
今でも読もうとすると吐き気がする。トラウマだ。



[恐怖地獄少女~日野日出志~]
恐怖地獄少女
奇形のため産まれてすぐ捨てられた赤ん坊・・・
捨てられたゴミの集積場で育つ少女が悲しくも恐ろしい。



[吸血蛾人~西たけろう~]
ザ・フライのパクリ漫画。蛾バージョン。

スポンサーサイト




    

楳図先生キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! - 2005.09.09 Fri 16:52

金子修介氏監督、松枝佳紀氏脚本作品の続報来ました!原作はホラー漫画の巨匠楳図かずお先生の作品とのことです。まだ作品名は未発表なのね、ぐすん(;;)先日「漂流教室」の感想でも触れたのですが、楳図かずお氏といえば世の子供達に健全なトラウマを与えた方。その楳図
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。