tamian.jpg 管理人だみヲのスキキライと思いつきのみのブログです。 お店じゃありません。ご自由にどうぞ。

※ホームページから引越してきました。ウェブログ支店です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
ホテル・ニューハンプシャー ホテル・ニューハンプシャー

念願かなってホテル経営を始めたベリーとその家族を描いた物語。
この映画はとにかくベリー一家に不幸が訪れまくる。
レイプ・近親相姦・自殺・その他もろもろ・・・。
しかし、ベリー一家はどんな時でも常に生きる希望と喜びを失わず、あまりの悲劇にシンミリする間もなくどんどん展開していく。
波乱万丈な映画だが、見終わった後に強さとか優しさを与えてくれる
奇妙な作品だ。
映像がまた素晴らしい、大好きな映画。



アパートの鍵貸します アパートの鍵貸します

出世の為に自分のアパートを上司達の逢引き用に貸していたバド。
だが、ある日上司が連れ込んだ女性が、自分が密かに思いを寄せている
エレベーター・ガールのフランだった・・・。
まあこんな感じで展開する、笑って泣かせるヒューマン・コメディ。
もうとにかくフラン役のシャーリー・マクレーンが可愛いすぎ。



image-cinema5.jpg エレンディラ

南米を代表する作家ガルシア・マルケスの
「無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語」
を映画化したもの。
屋敷を火事で灰にしてしまった少女エレンディラは
祖母の財産を償うために娼婦に仕立てられ砂漠を旅することになる。
やがて、旅の途中でユリシスという少年と出会い・・・
色彩と映像が、ラテンのかおりと独特の世界観を見事に表現している。
何度殺しても死なない不死身の祖母がすごい。血も緑だった気がする。
18年くらい前に深夜にやっていたのを見たのだが、その後どんなに探してても、レンタルで見つけられない・・・
原作もすごくおもしろいです。



レナードの朝 レナードの朝

嗜眠性脳炎のため半昏睡状態のレナードが、勇気ある新任医師の試みによって30年ぶりに目覚める。
レナードと医師との心の交流と、失われた年月への葛藤に涙・・・
デニーロの演技が素晴らしい感動作。
特にレナードが病院に見舞いにきていた少女に恋をし、2人でダンスをするシーンは泣いて泣いてよく見えませんでした。


スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。