tamian.jpg 管理人だみヲのスキキライと思いつきのみのブログです。 お店じゃありません。ご自由にどうぞ。

※ホームページから引越してきました。ウェブログ支店です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
m.gif

だいだいすきな映画たち。 


好きな映画はたくさんあるのですが、レビューを書くのがめんどくさい…。
なので、レビューはアマゾンのエディターレビューから引用させていただきます。
自分コメントもちょこっと付け足してます。


<br /><br />ザ・デイ・アフターザ・デイ・アフター

アメリカ中部のカンザス州で、核ミサイルが爆発する前後の数日間を描いた作品。静かでのどかだったカンザス州を舞台に、核戦争の恐怖を正面から描き、世界中に衝撃を与えたパニック映画。

* ハラハラ(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブルです。




キリング・フィールドキリング・フィールド

70年代のカンボジアでは内戦が続いていた。ニューヨークタイムズの記者シャンバーグは、現地で取材助手のプランと知りあう。だが共産勢力「赤いクメール」が攻勢をかけ、シャンバーグは帰国、プランは捕らえられてしまった。
実在の記者シドニー・シャンバーグが書いた、ピュリッツァー賞受賞作の映画化である。ロン・ノル政権と「赤いクメール」の内戦に、見も心も焦土化したカンボジアを描く。常に生命が危機にさらされる内戦下の状況を鮮烈に映しだし、友情とはなにか、生きるとはなにかを問う。
監督は、これがデビュー作となったローランド・ジョフェ。主人公シャンバーグには名わき役のサム・ウォーターストンが、現地助手プランには、実際にカンボジア難民のハイン・S・ニョールが扮している。85年アカデミー助演男優賞ほか、全3部門を受賞した。(アルジオン北村)

* 後にに銃弾で撃たれ亡くなられたハイン・S・ニョールの演技が本当に素晴しい。
 そのリアリティはもはや演技を超えています。
 『戦争映画』の一言では括れない作品です。


スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。